アメカジファッションにもオススメ!オリジナルのレザーベルト好評いただいております。 | minca

2020/05/21 11:48

こんにちは

1965年より、栃木レザーの販売代理店として警察の装備品などを長年手がけ、

東京・北千住にて2007年より工房兼ショップとして、ものづくりを行っているレザーブランド、mincaです。


今月より販売開始しておりますハーネスレザーベルト、大変好評いただいております!

栃木レザー正規代理店の中でも当店しか卸されていないハーネスレザー(多脂革)を使っています。

店頭で見て、即決で買われていく方も多く人気がある商品となっています。


発色がよくカラフルな色味と、厚みと太さがあるレザーベルトはアメカジファッションにもぴったり!

ぜひエイジングして、自分だけのベルトに仕上げてください。




国内タンナーの栃木レザーは、今ではあまり作られていないベジタブルタンニン鞣し、の方法を採用しています。

一般的なクロム鞣しより、色ツヤの変化が大きく、レザーとしての醍醐味を味わうなら断然ベジタブルタンニン鞣しをオススメします。

また天然素材を使用しているため、肌にも優しいのです。


▼栃木レザーの品質を証明する、赤タグがついています。




そして当店の革はその中でも、希少性の高い、ハーネスレザー(多脂革)と呼ばれる素材を使っています。

警察用品に使っている大変丈夫な革で、長年正規代理店として取引きしている当店のみが取り扱えるものなのです。

そして、ハーネスレザーの特徴は、なんといっても厚みとしなやかさ!

ここまでの厚みがありながらしなやかさを持っている素材は当店で使う革以外にはなかなか出せないものです。




このしなやかさの理由は、鞣し時間の長さにあります。

通常のヌメ革より3週間ほども長く鞣す必要があるため、栃木レザー工場の全体の中でも、8%しか作れない希少なものとなっています。

長く鞣す分タンニンを多く含み、油も通常より多く入れるため、革のしなりに差が出てくるのです。

少し重みはありますが、触ってみると、手触りのなめらかさに驚くはず。







裁断から磨きまで、全て職人が手作業で行っています。

磨き作業は、1回だけでなく、数回に渡って行われ、かなり骨の折れる作業となります。

話によれば、ベルトの磨きが商品の中で一番大変とも、、





染色には発色の良い丘染めを採用しており、色も7色とバリエーションが豊富。

表面のみを染色する方法で、衣服に色がつきにくいのもメリット!大切なデニムを汚しません。

もちろん革のエイジングも楽しめます!長く使って自分だけの色に仕上げていくのが楽しみですね。




職人の技を存分に味わえる、ハーネスレザーベルト!ぜひオススメです!



ハーネスレザーベルト
幅35mm ¥16,500/幅30mm ¥15,400

商品ページはこちらから!




【サイズについて】
メインサイズ 32343638inch 
ベルトのサイズは1inch2.54センチで計算しています。
ピンホールは5個開いており、真ん中のピンホールからバックルのピン先までの長さになります。
*その他前後のサイズオーダー可能ですのでお気軽にお問い合わせください。